マリーの脳蜜。

ナカムラルビイの脳みそから抽出されたもの

2016-11-04から1日間の記事一覧

駄菓子屋のババアは歳をとらない

創作小話です。________自転車で20分。それが私の家から、母校までの距離だった。歩いて2分。それが私の家から、「松乃屋」までの距離だった。松乃屋は、駄菓子屋である。Tマークの車がよく走っているこの街は、所謂ベッドタウンであった。車を走らせたらば…